公開履歴
眠れない男性

睡眠導入剤は不眠の症状を抱える人の問題を解決するために活用されている薬です。
不眠が続いてしまうと片頭痛の原因にもなるので、十分な睡眠は必要となります。
片頭痛になると私生活に支障が出てしまうので、痛みが酷い場合はセレコックスやボルタレン、ロキソニンなど治療薬を使って片頭痛を改善することをおすすめします。
痛み止めは作用が強いので胃腸に負担を掛かけないためにも食事をしてからの服用がよろしいですし、食事をきちんと摂ることで効き目が出ます。
また痛み止めには色々と種類がありますので、痛みの症状に合わせて自分にあった薬を選びましょう。
特に薬の依存は危険ですので依存しない鎮痛剤を選ぶことが重要です。
不眠によって体に支障をきたさないためにも、生活を見直し睡眠が取れるようにしましょう。
現在であればひとくちに睡眠導入剤と言ってもさまざまなものが使われるようになっているのですが、どのようなものであっても不安だとされるのが依存性です。
一度使い始めたらやめられないのではないか、飲み続けていると効果が無くなるのではないかなどの不安を持つ人は少なくありません。
しかし現在の睡眠導入剤に関して言うのであれば、こうした心配はかなり少なくなったと言って良いでしょう。
確かに最も古い睡眠薬としてあったバルビツール酸系睡眠薬は非常に効果が強い分、重篤な副作用が引き起こされるリスクがあったのも事実です。
ですが現在主流となっているのはベンゾジアゼピン系睡眠薬など、全く性質を別とする薬なのですから、そうした副作用のリスクは格段に少なくなりました。
そうした薬であっても依存性が全くないというわけではないのですが、それでも使用量をしっかり管理し、医師の指導に基づいて服用すれば大きな問題になるというようなことはほとんどありません。
不眠症の症状が強く出ている短期間に集中して投与し、症状が改善されたのであれば服用を取りやめると言うようにすれば後まで影響が残るケースはまず無いと言っても過言ではないのです。
そもそもの話をすれば、軽い不眠症を抱えている人がよく行う「寝酒」の方が依存性は強いくらいですし、肝臓などの臓器への影響があるのです。
そうしたことを考えるのであれば必要な時だけ医師の管理のもとで服用し、そして「睡眠」という目的にだけ効果を果たしてくれる睡眠導入剤にもメリットはあるでしょう。
もちろんどのような人にでも気軽に処方して良いものであることは考えなくてはなりませんが、かつてのようにリスクが大きい危険な薬と言うわけでもないということは知っておくようにしましょう。

記事一覧
睡眠導入剤と併用してはいけないもの

睡眠導入剤は睡眠薬よりも効果がマイルドであるため軽い不眠症状などを抱えている人に処方されることが多いのですが、しかしだからと言って「ただ飲めば良い」というものでもありません。薬は正しく飲んでこそ初めて期待される効果があるのですから、睡眠導入剤の作用を妨げたり、効果を本来あるべきレベル以上に増強するよ

2019年07月09日
睡眠導入剤の過剰摂取の危険性について

不眠に悩む場合、さまざまな症状がありますがその中でも多くの人が経験しているのが入眠障害です。この入眠障害とは、夜眠りたいのに眠ることが困難ケースになります。その寝付きを良くして、速やかに眠ることができるようにしてくれるのが睡眠導入剤です。睡眠導入剤と、聞くと睡眠薬をイメージすることが多くあります。一

2019年07月28日
睡眠導入剤の副作用とねむり時間計について

睡眠導入剤として医療機関から処方されるものは抗不安剤と同じ成分で作られているものなので、感情を安定させることによって脳に対する刺激を減少させて眠気を感じるようにするものなので副作用はあまりないとされているのですが、ごくまれに依存性を示すことがあるとされているので、睡眠導入剤に依存するだけではなく、根

2019年08月17日
日本人で睡眠導入剤を使用している4割は過剰処方

人間は本来、昼間お日様が昇ると同時に朝起きて、日が沈むと同時に就寝するという生活を行っていました。しかし、現代は全く異なった生活をしています。朝は早くから起きて、仕事や学校に行かなくてはいけません。そして、強いストレスにさらされながら、社会で自分の役割全うしなくてはいけないのです。その後帰宅してから

2019年09月20日